KAIZEN Ad

KAIZEN Ad for SCHOOL Agile video creative development for a mobile-first world

概要

KAIZEN Ad for SCHOOLとは即戦力として活躍する人材を育てるスクール事業!

クリエイター

コンテンツ化することによって、横の広がりをつける!

ディレクター

ワークショップを実施することによって対応数を増やす

コンテンツ内容

1動画広告インターネット広告の現状とCMの今
2動画&ベストプラクティス各プラットフォームの違い・実際に作ってみよう
3デザインデザインはロジカルに構成されている・デザインをハックしよう
4動画基礎編After effects・Illustrator・Photoshopを触ってみよう①
5中級編After effects・Illustrator・Photoshopを触ってみよう②
6応用編After effects・Illustrator・Photoshopを触ってみよう③
7必須フォントと必須プラグイン、時短テクニックの紹介
8ディレクション素材のかけあわせのやり方(絵コンテ・構成)
9ディレクション断る勇気・導くスキル・ベストプラクティス踏襲・マインドセット・アップデート方法
10制作実践編:動画を1〜2時間で作成してみよう

プラン・金額

クリエイターエンタープライズ
金額30万円100万円
コミュニティ費用5,000円/月5,000円/月
受講期間3ヶ月3ヶ月
受講回数全10回全10回

スケジュール

4月5月6月7月8月9月10月11月12月
第1期生
第2期生
第3期生
第4期生
第5期生

講師紹介

村重 大吾

クリエイター村重 大吾

クリエイター歴は2年と長くはないが、驚異的な努力と磨き抜かれたセンスによって、Facebook/Instagramのモックアップから本番制作までを1人で完結するほどの動画クリエイターに。

年収6,000万円を超えるなど、ストイックな姿勢が実を結んでいる。

筑波 次郎

株式会社KaizenPlatform Head of APAC筑波 次郎

世界各国を渡り歩いた後、2018年6月に動画クリエイティブのプラットフォームであるKaizen Adに参画。動画広告の最先端で働いている知見を活かした圧倒的な実務力と営業力により、売上を10倍以上に伸ばすといった成果を挙げる。

アジア太平洋のAPACエリアを統括。